高血圧対策に『メロンエキス』

メロンエキス』に含まれている「ククミシン」は、 血液の凝固を遅らせる働き、つまり抗血栓作用が極めて強力で、 高い血圧を下げるだけたり、血液中の悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす働きがあります。 また、メロンには、中性脂肪値を低下させたり、長寿ホルモンのアディポネクチンを増やす働きもあります。


■メロンの降圧効果試験

12週間で最大血圧は18ミリも下がった

最近、血圧が高めの人を対象にした、ある試験が行われました。 それは、メロンの抽出物(エキス)の乾燥粉末を、被験者たちに摂ってもらうという実験です。 その結果、メロンには驚くべき降圧効果の秘められていることが明らかになったのです。 その臨床試験の対象になったのは平均年齢48.75歳の男女4名(男性1名、女性3名)でした。 いずれも血圧が高めで、平均値は最大血圧が136.25ミリ、最小血圧が85.75ミリでした。 試験期間は、12週間(84日間)。そのうち前半の8週間に、メロンエキスを毎日摂取してもらったのです。 被験者はいずれも降圧薬を一切服用しておらず、試験中はメロンエキスを摂る以外、 食習慣も運動習慣も変更しないよう指示されました。

その結果、メロンエキスを摂りはじめて4週間後には最大血圧が126.0ミリ、最小血圧が75.75ミリに下がり、 8週間後には最大血圧が122.5ミリ、最小血圧が76.25ミリに低下したのです。 驚いたことに、その後、メロンエキスの摂取を中止してからも血圧は下がり続け、 12週間後には、最大血圧が118.0ミリ、最小血圧が73.5ミリになりました。 結局、12週間のうちに、最大血圧は平均して18.25ミリ、最小血圧は12.25ミリ下がった計算になります。

この試験で特筆すべきことは2つあります。
一つは最大血圧と最小血圧が大幅な低下を示したことです。一般に、降圧薬を服用しているときでさえ、 最大血圧は下がっても最小血圧は下がらないことがよくあります。 ところが、メロンエキスを摂った人は全員、最大血圧も最小血圧も一挙に低下したのです。 もう一つは、メロンエキスの摂取を中止した後も、高い血圧が下がり続けたことです。 この現象が何故起こったのかといえば、メロンエキスによって血圧を上昇させやすい体質が改善されたためではないか、と考えられます。 具体的にいうと、メロンエキスには、血圧上昇の重大な原因となる動脈硬化を強力に改善させる 優れた働きがあると思われるのです。


■メロン特有の酵素「ククミシン」

単なる食品であるにもかかわらず、メロンの効き目は鮮やかそのものです。 いったいメロンの何処に、これほどまでに優れた降圧効果が秘められているのでしょうか。 野菜や果物に含まれる降圧成分としては、「カリウム」が有名です。 メロンにもカリウムがたくさん含まれています。 しかし、カリウムの働きだけでは、メロンの強力な降圧効果は説明できないでしょう。 カリウム以外の未知の成分も含めたさまざまな有効成分の総合的な働きによって、 メロンの降圧効果は生み出されるのだろうと考えられます。 こうした有効成分の中でも特に注目されるのが「ククミシン」という酵素の力です。 ククミシンは、「プロテアーゼ」というタンパク質分解酵素の一種です。 プロテアーゼには専門的に4つのタイプがあり、これまで植物のプロテアーゼは「システイン型」というタイプしか 見つかっていませんでした。例えば、植物由来のプロテアーゼを含む果物としては、パパイヤ、イチジク、パイナップルが よく知られていますが、これらは全てシステイン型なのです。 ところが、1975年にメロンから発見されたプロテアーゼは、安定性が極めて高い「セリン型」でした。 植物からセリン型が見つかったのは、世界で始めてのことで、 メロンの学術名が「ククミス・メロ」ということから、このプロテアーゼはククミシンと命名されました。