「バナナ酢」体験談

薬を飲んでも190ミリあった最大血圧バナナ酢で130ミリ! 簡単に作れるうえさっぱりと美味しく、医師も断薬に賛成。


■バナナ酢

大阪府・77歳・気功学院経営・男性

私はもともと血圧が高く、15年ほど前から、毎日1錠ずつ降圧剤を飲んでいました。 それでも、血圧は下がらず、ちょっと飲み忘れれば、最大血圧が200ミリくらいまで跳ね上がるといった状態でした。 そんな中、いまから2年前に大病を患いました。胸部大動脈瘤が破裂したため、手術で胸部の大動脈を人工のものに替えたのです。 思えば、こうした病気を発症したのも、血圧が高かったせいかもしれません。 それ以来、医師の勧めで薬を増やして、朝・昼・晩に1錠ずつ1日3錠ずつ、1日3錠の薬を飲むようになりました。 しかし、このさきずっと血圧の薬を飲み続けていくのは、正直とても不安でした。 薬の副作用がいつか出てくるのではないかと、心配だったのです。

そんな時に、新聞の広告でマキノ出版ムック『高血圧を自力で治す本』のことを知りました。 薬に頼りたくなかった私は、早速、書店で購入し、一読しました。 そこには、高血圧を予防改善するための、いろいろな健康法が載っていましたが、中でも私の目を引いたのが 「バナナ酢」だったのです。 実は、私はバナナが大好きで、毎朝バナナを食べています。そのバナナを漬けた酢を飲むのであれば、 実行しやすいと思いました。そこで、すぐさまバナナ酢を作り、飲み始めたのです。 バナナ酢は簡単に作れるのがいいところです。その作り方ですが、私の場合、500ミリリットルの米酢を広口瓶に注ぎ入れ、 そこにバナナ3本の皮をむいたものを1cmほどの輪切りにして入れます。そして冷暗所に2~3週間も置いておけば、 バナナ酢の出来上がりです。


こうして作ったバナナ酢を、私は今年の3月頃から飲み始めました。1日に飲む量は、盃に1杯くらいの量です。 毎日夕方の4時に血圧を測ることにしているので、その前に水で割って飲むようにしています。 バナナ酢は、とてもさっぱりしていて、毎日飲んでも飽きることはありません。 特に、夏場などは、ゴクゴクと美味しく飲むことができます。

ところで、私はこのバナナ酢を飲む少し前から、自分で降圧剤の量を減らしていました。 3錠を2錠にし、さらに1錠にまで減らしていたのです。それでも、特に変わりはなく、 最大血圧は180~190ミリという高いままでした。


●飲み始めて1ヶ月で驚くほど下がった!

そんな血圧が変化していることに気付いたのは、バナナ酢を飲み始めて1ヶ月が経ったころです。 いつしか最大血圧が130ミリまで下がっていたのです。 気をよくした私は、降圧剤を飲むのを一切やめることにしました。 私の血圧が驚くほど下がっているのを知り、医師も、薬をやめることに賛成してくれました。 数ヶ月が経った今も、最大血圧は130ミリくらいで安定しています。 これもバナナ酢を飲んでいるおかげと、周りの高血圧の人に勧めています。