血液量過剰タイプ高血圧
(塩分の摂り過ぎが原因の高血圧)

高血圧のタイプは血管が収縮することで血圧が高まる「血管収縮型」と、 血管内を流れる血液の量が増えることで血圧が高まる「血液量過剰型」に分けることができます。 血液量過剰型の高血圧』は、塩分を摂りすぎることが1つの要因となって起こります。 塩分を摂りすぎると、血液中の塩分濃度を一定に保つ体の仕組みによって水分の吸収も高まります。 その結果、血液量が増え、血管壁に加わる圧力が高くなってしまうのです。
腎臓から塩分と水分をうまく排泄できないと血液量過剰タイプの高血圧になり、 血液量過剰タイプの高血圧を放置すると脳卒中などのリスクが高まります。 血液量過剰タイプは減塩で腎臓を守ることが特に大切です。


■食塩感受性が高い人は特に注意

塩分の摂取によってどの程度血圧が上がるかには、個人差があります。 塩分の摂取量が増えても血圧があまり上がらない人もいる一方で、血圧が大幅に上がりやすい人もいるのです。 このような性質を「食塩感受性」といいます。 食塩感受性には、塩分と水分を排泄する腎臓の働きが関係しています。 腎臓の働きが低く、余分な塩分と水分を排泄しにくい状態だと、血圧が上がるのです。 そのため、食塩感受性が高い人の高血圧の改善には、減塩が特に有効です。 また、減塩は腎臓を守ることにもなります。 塩分の摂取量に関係なく血圧が高い人が血圧を下げるには、減塩以外の対策が必要です。


■塩分と腎臓の関係

塩分を過剰に摂り続けると、腎臓が疲弊し血圧が上がる

腎臓は、全身を巡る血液から老廃物、それに余分な塩分や水分などを濾過して、尿を作る働きをしています。 塩分を摂り過ぎると、腎臓は常に働き続けることになります。 このような状態が長く続くと、やがて腎臓は疲れてしまい、塩分や水分を十分に尿として排泄できなくなります。 すると血液量が増え、血圧が高くなります。これが血液量過剰型の高血圧です。 また、塩分や水分を排泄する腎臓の働きが生まれつき十分でない体質の人もいます。 この場合も、血液過剰型の高血圧になりやすくなります。

腎臓には、血圧を上げるホルモンをコントロールする役割もあります。 血圧の上昇には、「アンジオテンシン」というホルモンが大きく関わっていますが、 このホルモンは、腎臓が分泌する「レニン」という酵素によって作られているのです。 腎臓の働きが低下すると、血圧に関わるホルモンのコントロールが乱れます。 すると、腎臓からレニンが過剰に分泌されるようになり、血圧が高くなります。


■腎臓の働きの低下が招くリスク

放っておくと脳卒中など、命にかかわる病気を招く

腎臓の働きが慢性的に低下した状態を 「慢性腎臓病」といいます。 慢性腎臓病があると高血圧になりやすく、また 高血圧は慢性腎臓病の原因になります。 そのため、高血圧と慢性腎臓病の両方があると、悪循環に陥り、状態がさらに悪くなっていきます。 腎臓の働きが低下すれば、最終的には腎臓の働きを人工的に補う「透析治療」が必要になることもあります。 また、高血圧が進行すると、「脳卒中」などのリスクが高まります。 高血圧がある人にとって腎臓の働きの低下は、 「脳卒中」などを起こしやすいというサインなのです。

また、高齢者も注意が必要です。60歳代では約6割、70歳以上では約7割が高血圧だといわれます。 腎臓の働きは通常、加齢に伴って低下するため、高齢者は血液量過剰型の高血圧になりやすいのです。 高齢者の血圧は血圧の上がり方に特徴があり、収縮期血圧は上がるのに、拡張期血圧は反対に下がってくることがあります。 これは「動脈硬化」が進んで血管が硬くなっていることを示しています。 このような場合は脳卒中などを引き起こしやすいので、特に注意が必要です。

●腎臓の異常に気付くために


医療機関では「血液検査」や「尿検査」が行われます。腎臓の働きが低下すると、血液検査では「クレアチニン」の値が高くなります。 尿検査では尿中に「たんぱく」が出ていないかどうかを調べます。 検査が勧められるのは、 肥満糖尿病がある人、 あるいは脳卒中、心筋梗塞、腎臓病を発症した家族がいる人です。