高血圧の診断・基準値・管理目標値

高血圧と判定されればすべての人が治療の対象となりますが、リスクの高い人ほど速やかに血圧を下げる必要があります。 また、血圧は常に変動しています。医療機関で測る値だけではなく、日常生活の中での血圧も調べる必要があります。 普段から血圧が高いようなら、早い段階から治療を開始することが大切です。


■高血圧の基準値

基準値は変更なし

何回かに分けて血圧を測定し、値が安定した2回以上の平均値で、 収縮期血圧が140mmHg以上か拡張期血圧が90mmHg以上であれば、「高血圧」とします(二次性高血圧症を除外)。 血圧が高いことがわかったら、重症度を判定するために眼底検査、心臓の超音波検査、胸部X線検査、腎臓の検査などを行い、 高血圧以外に心血管病(心筋梗塞や脳卒中など)の危険因子や臓器障害がどれだけあるかによって、心血管病の発症リスクを判定し、それに応じて治療を進めます。 高血圧と判定されればすべての人が治療の対象となりますが、リスクの高い人ほど速やかに血圧を下げる必要があります。 まずは、血圧を140/90mmHg未満に下げることが目標になりますが、若い人では、130/85mmHg未満を、糖尿病や腎障害などがあれば130/80mmHg未満を目標にします。

【関連項目】:『血圧の測り方』


■高血圧症の降圧目標値

高血圧の基準値は据え置くも降圧目標値を10㎜Hg引き下げ

日本高血圧学会は、「高血圧治療ガイドライン2019」を発表しました。 新しいガイドラインでは、高血圧の基準値、つまり高血圧の治療を開始する血圧の基準値は、 従来の、診察室血圧で140/90㎜Hg、家庭血圧で135/85㎜Hgに据え置かれました。 一方で、成人の降圧目標値を10㎜Hg引き下げています。 日本高血圧学会によれば、国内外で行われた14の臨床研究データを解析した結果、 降圧目標値を従来の140/90㎜Hg未満から改訂値の130/80㎜Hg未満に下げることにより、 脳卒中の発症リスクが22%、心筋梗塞や心不全といった心疾患の発症リスクが14%引き下げられることが明らかになったとしています。
今回の改訂により降圧目標値、つまり降圧治療を始めた患者が目標とすべき血圧の値が10㎜Hg引き下げられたのは、 75歳未満の成人患者では最高血圧と最低血圧の両方、75歳以上の患者では最高血圧のみで、最低血圧はこれまでと同じです。 また、糖尿病を合併している高血圧患者や蛋白尿陽性の慢性腎臓病(CKD)患者、抗血栓薬服用中の高血圧患者などの降圧目標値は、従来どおりとなっています。

日本高血圧学会が改訂した「高血圧治療ガイドライン2019」では、降圧目標値は下表のように設定されています。 今回の改訂のポイントで、特徴的なのは、「正常血圧」を最大血圧120mmHg、最小血圧80mmHg、 「正常高値血圧」を最大血圧130mmHg、最小血圧80mmHgとより厳格に定め、 重篤な病気を招きやすい危険因子の有無や数によっては治療をすべきだと示したことです。 正常高値血圧は、正常範囲内でも少し高めの高血圧予備軍ともいうべき状態で、超軽症高血圧ともいえます。 しかし、軽症高血圧といえども危険因子の数によっては 脳卒中心筋梗塞の危険が非常に大きいため、 必ずしも軽症とは言えず、従来は最大血圧が140ミリ以上、最小血圧が90ミリ以上の高血圧では、これまで数値によって、 軽症高血圧(最大血圧が140~159ミリ、最小血圧が90~99ミリ)、中等度高血圧(最大血圧が160~179ミリ、最小血圧が100~109ミリ)、 重症高血圧(最大血圧が180ミリ以上、最小血圧が110ミリ以上)の3種類に分類されていましたが、 今回の改訂ではそれぞれⅠ度高血圧、Ⅱ度高血圧、Ⅲ度高血圧と分類名が改められました。 さらに、今回の治療ガイドラインでは、血圧の数値に加え、危険因子の有無や数によって、 将来の脳卒中や心筋梗塞の危険度が低リスク・中等リスク・高リスクの3つに分類されています。


 
高血圧症の診断 診察室血圧 家庭血圧
  上の血圧 下の血圧 上の血圧 下の血圧
正常血圧 120未満 80未満 115未満 75未満
正常高値血圧 130未満 80未満 125未満 75未満
高値血圧 140未満 85未満 125未満 75未満
Ⅰ度高血圧 160未満 100未満 145未満 90未満
Ⅱ度高血圧 180未満 110未満 160未満 100未満
Ⅲ度高血圧 180以上 110以上 160以上 100以上
(孤立性)収縮期高血圧 140以上 90未満 135以上 85未満