高血圧治療ガイドライン2019改訂のポイント

現在、日本には、高血圧のある人が約4,300万人いると推定されています。 高血圧のある状態をそのままにしていると、 脳卒中腎不全心筋梗塞、 また認知症など、非常に多くの重大な病気のリスクを高めてしまいます。 その高血圧の管理・治療の指針となる高血圧治療ガイドラインが5年ぶりに改訂されました。 重要な2つの項目の「血圧分類」「降圧目標」における変更が、特に注目されます。


■改訂のポイント①血圧分類の変更

血圧は、上の血圧(収縮期血圧)と下の血圧(拡張期血圧)で表され、「上の血圧が140mmHg以上、または下の血圧が90mmHg以上」の場合、高血圧と診断されます。 この高血圧の「診断基準」については変わっていません。 一方、測定された血圧の値が、「正常の中でも、高めなのかどうか」「高血圧の中でも、どのくらいの危険度なのか」などを細かく分類したものを「血圧分類」といいます。 今回は、この血圧分類の中でも特に”高血圧になる前の分類”が大きく変更されました。 上の血圧が「130mmHg~139mmHg」の場合は、前回のガイドラインでは「正常高値血圧」と分類されていましたが、今回から「高値血圧」となりました。 高血圧とは診断されないものの”正常ではない高い値”であることを明確にするためです。 また、上の血圧が「120~129mmHg」の場合、従来は「正常血圧」としていましたが、これが「正常高値血圧」となり、正常血圧は「120mmHg未満」に変更されました。 様々な臨床研究の結果、血圧が高くなるほどそれに比例して脳卒中や心筋梗塞などが起こるリスクが高くなることが明らかになっています。 そして、社会全体では「上の血圧が130~139mmHg」に当てはまる人が多く、かつその人たちが脳卒中や心筋梗塞を発症しやすいということ、 また、「上の血圧が120mmHg未満」に抑えられていれば、そのリスクが大幅に下がることも示されているため、今回の血圧分類の見直しが行われました。


高血圧症の診断 診察室血圧 家庭血圧
  上の血圧 下の血圧 上の血圧 下の血圧
正常血圧 120未満 80未満 115未満 75未満
正常高値血圧 120~129 80~84 115~124 75~79
高値血圧 130~139 85~89 125~134 80~84
Ⅰ度高血圧 140~159 90~99 135~144 85~89
Ⅱ度高血圧 160~179 100~109 145~159 90~99
Ⅲ度高血圧 180以上 110以上 160以上 100以上
(孤立性)収縮期高血圧 140以上 90未満 135以上 85未満


■改訂のポイント②降圧目標はより厳格に

もう一つの大きな変更点は、「降圧目標」がより厳格になったことです。 降圧目標とは、高血圧と診断された人が、治療によってそこまで下げることを目指すべき血圧の値です。 従来のガイドラインでは、若年から75歳未満の前期高齢者では「上の血圧が140mmHg未満で下の血圧が90mmHg未満」、 75歳以上の後期高齢者では「上の血圧が150mmHg未満で下の血圧が90mmHg未満」が降圧目標でした。 新しいガイドラインでは、これに対して、75歳未満では「上の血圧が130mmHg未満で下の血圧が80mmHg未満」、 75歳以上の後期高齢者では「上の血圧が140mmHg未満で下の血圧が90mmHg未満」と、より厳格な目標が定められました。 これには、最新の研究の総合的・科学的な分析結果が大きく関わっています。 2015年にアメリカ国立心肺血液研究所から発表された「SPRINT」という大規模な臨床試験の結果を始め、 日本高血圧学会でも、日本を含む各国で行われた臨床試験の結果を統計学的に詳細に分析しました。 その結果、「上の血圧が130mmHg未満かつ下の血圧が80mmHg未満」まで下げることによるメリットが大きいということが明らかに確認されたため、 降圧目標を前述のように見直すことになりました。 ただし、高齢者では血圧を下げ過ぎるとふらつき・転倒のリスクがあるなど、患者さんごとに状況が異なるので、 治療方針は慎重に決定される必要があります。