動脈硬化

動脈硬化』はほとんど自覚症状のないまま進行し、突然、 「心筋梗塞」「狭心症」などを引き起こします。 最近受けた検査で、 コレステロール値血圧が高めと診断されていませんか? その原因や対策を知り、改善に取り組むことが、将来の病気からあなたを守ります。 最近では、今後10年間の心筋梗塞や狭心症の発症率が、コレステロールの値から予測できるようになりました。 リスクを知り、動脈硬化による病気を予防しましょう。


■動脈硬化とは?

血管の狭窄や詰まりが起き、心筋梗塞や狭心症につながる

動脈硬化は、血管の壁の内側にコレステロールなどが溜まり、プラークというコブができて血液の流れが悪くなった状態です。 動脈硬化が進行してプラークが破れたりすると、血栓という血液の塊ができて血管を防ぐことがあります。 「狭心症」「心筋梗塞」は、 心臓に酸素や栄養を送る冠動脈の動脈硬化が進行して起こります。 冠動脈が狭くなると狭心症に、塞がると心筋梗塞に繋がります。 動脈硬化は、コレステロールなどの 「脂質異常症」「高血圧」「高血糖」喫煙などによって起こり、心筋梗塞などの命に関わる病気を引き起こします。 重要なのは、発症してから対処するのではなく、発症を予防することです。 そのためには、心筋梗塞や狭心症のリスクを知っておくとよいでしょう。


■心筋梗塞や狭心症の発症率

コレステロールや血圧の値などから計算する

心筋梗塞や狭心症(冠動脈疾患)の発症率の予測方法は、吹田研究を基に作成されました。 コレステロールや血圧などの値、年齢、性別などから計算する方法です(下図)。


吹田研究


●コレステロールと中性脂肪

コレステロールは体に必要な脂質です。 肝臓で作られ、血液によって全身の細胞に運ばれます。 その過程で、水に溶けやすい物質に包まれたLDLという粒子になります。 偏った食事や遺伝子の変異などの影響で血液中のLDLが増えすぎると、血管の壁に侵入して動脈硬化を起こすため、LDLは悪玉と呼ばれます。 一方、プラークや血管壁の細胞から余分なコレステロールを回収するのがHDLという粒子です。動脈硬化を防ぐので善玉と呼ばれています。 空腹時に血液検査を行い、LDLコレステロール値が140mg/dl以上の場合に、脂質異常症と診断されます。 120~139mg/dlは境界域といい、心筋梗塞や狭心症のリスクが高い人は、この段階から対処します。 HDLコレステロール値は、40mg/dl未満の場合が脂質異常症です。 コレステロールとは異なる脂質である中性脂肪にも注意が必要で、150mg/dl以上だと脂質異常症と診断されます。

●高血圧

血液が血管を押す力が強まるので、血管を傷つけたり、プラークに力が加わり血管が破れやすくなります。

●高血糖

血液中のブドウ糖の濃度が異常に高い状態が高血糖です。増えたブドウ糖がLDLと結合すると、LDLが変性して血管の壁に侵入しやすくなります。

●喫煙

1日に吸うたばこの本数が多いほどリスクが上がり、1日20本を超えて吸う人の心筋梗塞の発症率は、非喫煙者の3倍以上です。 受動喫煙にも注意が必要です。

●加齢・性別

動脈硬化は、加齢とともに進行します。また、男性は、女性よりも心筋梗塞を起こしやすいことがわかっています。 女性は、女性ホルモンの働きによってLDLコレステロール値が低く保たれるので、心筋梗塞が起こりにくいのです。 ただし、更年期以降は女性ホルモンが減少し、LDLコレステロール値が高くなります。 その他に、女性は、男性に比べて糖尿病や喫煙の影響が体に強く現れやすいので、注意が必要です。